正社員募集だけじゃなくて視野を広げて!

当然働くなら正社員雇用を求める人が多いでしょう。その方が安定して稼げるし将来安泰、なんて思っていませんか?雇用形態よりも、自分がその仕事を長く続けられるのか、本当に自分に合っているのかを考えましょう。

正社員だけが雇用じゃないの画像

正社員とアルバイト、決定的な違い

近年、仕事の働き方について、正社員が良いかあるいはアルバイトが良いのか悩む人が多く見受けられます。
正社員とアルバイトの雇用形態は大きく異なりますが、それぞれにメリットがあると考えられます。
正社員では週5~6日で1日8時間勤務が通常になりますが、年々有給休暇の日数も増えていくため、都合の良い日に有給休暇で休むことが出来ます。家族の都合や自らの用事で休みを有給休暇で利用できるのがとても良いです。また福利厚生も充実しているため、女性の場合は産休や育休でお休みしても、給料の何十パーセントの金額が毎月給料代わりに振り込まれるので、お休みをしてもお金に困らないことがメリットです。さらに時短勤務も出来るため、体に負担を掛けずに仕事が出来ます。一方、アルバイトのメリットは一週間または一ヶ月のシフト制で働けるので、自分の都合が良い場合のみ働く事が出来ます。仕事以外に目標となる事がある方はお金を少し稼ぎながら趣味に没頭することが可能です。またアルバイトの場合は複数掛け持ちして働く事も出来るので、自分の時間を大切にしたい方は正社員よりアルバイトとして働く事が望ましいです。しかし、正社員のように賞与が出ないため、お金の使い方はしっかり考えて行うことが必要になります。
このように正社員とアルバイトにはどちらも良いメリットがあると挙げられます。正社員だから偉い、また将来も安心できると言った事を考えるのは過去の話であり、今はアルバイトでも自らの強い意志があれば生活は十分に可能になります。今後もどのような雇用形態で働けば自分自身のメリットとなるのかを十分に考えて、自分の合った内容の仕事を継続して頂けたらと考えます。